通信制高校の平均総学費

通信制高校にかかる学費は?

通信制高校を選ぶ時に気になる事

通信制高校を選ぶときに、私立を考える人は多くいます。公立に比べて学校数が多いのと、スクーリングの日数などで自由度が高いというのか理由のようですが、気になるのは学費の面です。普通科の高校とは違い、通信制高校は1単位ごとに学費が決められています。公立が1単位につき180円から1200円位であるのに対して、私立の場合は5000円から12000円位と高額な設定になっています。卒業までに74単位が必要ですので、私立を選んだ場合は、40万円から90万円ほどかかるということになります。これは、ただ高額というわけではありません。1単位が1万円を超える学校には、サポート校が設定されていたり、インターネットを利用したオンライン授業を受けることができるシステムがあったりするケースがあり、設備に投資をしている学校であることが多いのです。また、専門学校のような授業を受けることが出来る学校はさらに学費が高くなります。費用の面だけで考えると、私立の通信制高校は学費が高いと敬遠しそうですが、卒業に向けて専門性のある勉強もしたい、必要なサポートがあればできるだけ受けたいということを考えると、生徒に対して手厚い援助をしてくれる私立の通信制高校には魅力があります。

通信制高校の良い情報

↑PAGE TOP

Menu