通信制の高校授業内容

通信制高校の魅力について

私立の通信制高校とは

私立の通信制高校の学費は、1単位5000~1万2000円です。卒業単位がだいたい74単位以上必要なので、40万以上の学費が必要で、諸費用には入学金・教材費などが上乗せされます。通信制高校は独学・自己管理・自己責任で勉強するのが基本です。特に公立だと登校して授業を受けるのも月に数回が多いので、先生に質問する機会も少なく、難しい内容は自力で解決する必要があります。しかし、私立の通信制高校の場合は、中学から不登校だった生徒など、授業や学習に苦手意識をもつ生徒にも対応してくれます。中学、または小学校の授業内容に戻って、勉強を教えてくれる高校もあります。他にも、インターネットでレポートを提出できたり、登校日も毎日登校するか、年に一回の合宿のスクーリングで登校が完了するなど、自由度の高い高校が多いです。学力に不安がある人や毎日登校が難しい人など、私立の通信制高校を選択の一つにおすすめします。通信制高校は不登校を経験した生徒も多いです。そういう生徒のために、カウンセラーを設置するなどの精神的なサポートも用意されています。発達障害や学習障害による学力不足にも対応しており、公立より、私立の方が手厚いサポートの傾向にあります。

通信制高校の良い情報

↑PAGE TOP

Menu